日蓮宗の位が高い戒名(法号)・院日信士・院日信女

おすすめ

位が高い日蓮宗の戒名

定額といってもそれなりのお値段になります。一般的な家には無縁ですが、この戒名(法号)を授かる人は、信仰の厚かった方や寺院や宗門に貢献し高い徳を持った方、大きな社会貢献をした方に授与される戒名(法号)なんですね。

お坊さん便

>>お坊さん派遣サイトを見る

覚えておきたい3つのこと

祖母の法事で足がしびれました

"学生の頃、祖母が亡くなり法事の時に足がしびれました。 私にとって生まれて初めての法事の経験でしたし、祖母の法事なので失敗があってはいけないというプレッシャーや、親戚一同の視線もあって、とても緊張しました。 ガチガチになった私は身体が硬くなって足がしびれてしまいました。 でも我慢しなければいけないと思ってこらえていたら、足がつるような感覚に襲われて「うう」と唸ったら、隣に座っていた姉が「静かにしな >>祖母の法事で足がしびれましたの詳細を確認する

子供の頃に知った衝撃の正座椅子

"私は今は関東に住んでいますが、実家は東北の田舎です。 田舎では母の親兄弟がすべて同じ市内に住んでいて、互いの家をよく行き来していました。とても親戚が多い家だったと思います。そうなると必然的に法事も多くなるのですが、例えば母の姉の夫のお母さんの兄弟等となると、私にとっては他人も同然なのですが、呼ばれた法事に出ない訳にはいきません。私は子供心に理不尽だと感じながらも、おとなしく法事に参加していました >>子供の頃に知った衝撃の正座椅子の詳細を確認する

両足しびれて大失敗

" 主人と結婚する前、主人のお父さんの法事がありました。結婚する前でしたが、結婚は決まっていた為、法事に参加することになりました。主人のお父さんは兄弟が7人いて、親戚もとても大人数でした。結婚を決めてすぐ、いきなり法事で親戚中の人に顔みせをすることになった私は、前日から緊張でパニックになっていました。  少しでもいい娘に見えるよう、どう振る舞ったらよいのかという事で頭がいっぱいでした。とりあえず、 >>両足しびれて大失敗の詳細を確認する

法事は正座でないといけないのでしょうか

"体重が増えたせいか、それともただ単に加齢によるものなのか不明ですが若い頃は比較的平気だった正座が苦手になってしまいました。 先日の法事の場での事です。座布団の数が足りずまた順列的にも後のほうでしたので座布団がないままの正座となっていたのですが、それでも若い頃は平気でした。学生時代弓道をやっていたということもあります。弓道では正座こそしませんがそれに近い起座(きざ)というものがあります。これは正座 >>法事は正座でないといけないのでしょうかの詳細を確認する

長時間動けない法事で足がしびれる

"最早法事あるあると言ってもよいのが、足のしびれでしょう。 普段から正座に慣れていても、余りにも長い時間正座していると必ず足がしびれてしまいます。 うちの親族の法事の場合、田舎の狭い家にご近所さんや親族などが大勢訪れる為、一旦場所を定めて座ったら最後、そこから簡単に動き回る事など不可能になります。 そうこうしている間に、お坊さんが来られてお経を延々と上げられるので、このお経の後半には既にその場所に >>長時間動けない法事で足がしびれるの詳細を確認する

暖かい気持ちでお別れできる家族葬

"お葬式は自宅で家族葬をしました。 年を重ねると徐々に友人との交流の少なくなった父は、年賀状だけのやり取りの人もいました。そんな関係でわざわざ遠くから来ていただくことがご迷惑なこともあります。 残された家族として父ならどんな風に送り出してほしいか考えた末に、家族葬を選びました。 大きな斎場でのお葬式に参列した経験も数多くありましたが、我が家には小さな形で家族と身近な人たちだけでのお見送りがふさわし >>暖かい気持ちでお別れできる家族葬の詳細を確認する

手間と時間を考えると。

" 個人の人間関係によりけりですが、一家の大黒柱であった方の葬儀の場合、葬儀場が便利です。  特に、現役を引退してさほど年数が経過していない場合には、参列者の員数が見えないだけになおさらです。  一度、自宅での葬儀を行った際、参列者が入りきれないどころか、外にも多数が立って並んでいただいたことがありました。ご近所の方々は、葬儀だからということで何も言われませんでしたが、それでも、随分と迷惑をかけた >>手間と時間を考えると。の詳細を確認する

斎場で行いました。

"去年、義父が亡くなりました。残された義母から頼まれて主人と私が葬儀屋を探しました。 我々の周りの人たちは、身内を亡くすことが初めてだったこともあり、葬儀ってどうすればいいのか全く分かりませんでした。 葬儀の話で少し困っているように見えたのか、義父を最期に看取ってくれた病院関係の人が、斎場で通夜も葬儀もできることを教えてくれ、地元の葬儀屋リストを頂きました。 2、3件リストアップしすぐに説明を聞き >>斎場で行いました。の詳細を確認する

9年前の母の葬儀

"母の葬儀を行ったのは9年前。 父はいましたが、母の死にショックを受けて 葬儀のことを考えられませんでした。 自分が全て準備を行うことになり、 病院から自宅へのお迎えの手配から 葬儀社の準備まで行いました。 自宅が狭かったので葬儀場で行うことにしました。 父にどのくらいの規模の葬儀にするか相談しましたが、 「すべておまえに任せるよ…」 葬儀なんて出したことが無かったので 葬儀社の方と相談。 自宅か >>9年前の母の葬儀の詳細を確認する

実家で行なった3回の葬式

"私の実家は本家にあたるのですが、私が3歳の時に曽祖母が亡くなり、このときは自宅で葬式をしました。約40年前のことであり、地方都市にある我が家のこうした自宅で行なわれる葬式というのは、当時は普通であったように思います。 祖母も母も、親戚や知人を迎えるにあたり、とてもバタバタとしていて、かまってもらえない寂しさを40歳も過ぎたいまだに覚えています。 私の実家ではこの曽祖母の葬式から約10年経って、今 >>実家で行なった3回の葬式の詳細を確認する

最新のエントリー一覧

子供の頃に知った衝撃の正座椅子
"私は今は関東に住んでいますが、実家は東北の田舎です。 田舎では母の親兄弟がすべ...

法事は正座でないといけないのでしょうか
"体重が増えたせいか、それともただ単に加齢によるものなのか不明ですが若い頃は比較...

長時間動けない法事で足がしびれる
"最早法事あるあると言ってもよいのが、足のしびれでしょう。 普段から正座に慣れて...